ならその隠し場所を知

いてね。小鳥というのは卵の話をするのが大好きなんだ。ときにはじつにばかげたこともする。狼虛擬辦公室のほうがよほど威厳がある」ガリオンはちょっと考えた。「いまの話はポルおばさんに言うにはおよばないよ」くりといやみを言った。「おお、まだおったのか、ポル? もうとっくに他の仕事を見つけたと思っていた」老人はものやわらかに言った。 ポルガラは氷のような目でにらみつけたが、ベルガラスは平然たるものだった。…

続きを読む

も失敗する者はい

今日は、カックル魔女学校の始業式、夏学期の始まりの日です。ぞくぞくと登校してきた生徒たちは、吹きあれる雪あらしにでむかえられました。 魔女学校の一年は、ふたつの学期にわけられています。冬学期は九月に始まり一月の末までつづきます。夏学期は三月に始まり七月の末に終わります。 夏学期の初めの数週間は、たいていひどいお天気つづき。というのも、始まりがまだ三月の一日ですから、時には冬のなごりのひどく寒いお…

続きを読む

を阻止しなけりゃな

に大声でしめくくった。「それだ!」 ベルディンはてのひらで額をぴしゃりとたたいた。「どうしてこうもまぬけなんだ?」と叫んでからごろりとあおむけにひっくりかえって、地面を蹴りながら純粋な喜びを全身にみなぎらせて哄笑した。「おれたちの勝ちだな、ベルガラス!」ベルディンはわめいた。「だれもおれたちには勝てない――ザンドラマスも、ウルヴォンも、アガチャクさえもだ! やつらはケルに行けない[#「行けない」…

続きを読む