いもののを説く

ヘルメス基地の建設を可能にした洞穴網があるのです」 ときおり、長い砂色のロ髭の一端が口に入るときを除いては、いまやケプラーは、威厳のある紳士的な学者としての、完壁な姿をとりもどしていた。彼の落ちつかなげなそぶりも、自分がとりしきる水星へ、そして〈サンダイバー計画陽光女傭〉基地へと近づくにつれて、落ちついていくようだ。 しかし、旅を通じて、会話が知性化や〈ライブラリー〉のことにおよぶと、ケプラーの…

続きを読む

ことはどうでもいいんだ

「おれたちの組織のナンバー・スリーになるってのはどうだい――ボクトールでのあんたの義務が全部片づいてからってことだけどよ?」「おほめにあずかって恐縮だわ、ヤーブレック。どうしてそんな提案をしたの?」「あんたはえらく抜け目がないし、ありとあらゆDPM度身訂造るコネを持ってる。分け前なら五パーセントまで引き揚げる用意があるぜ」「ぜんぜん問題にならないな、ヤーブレック」おどろいたことに、ケヴァ王が横か…

続きを読む

ンスキやデロシェで

ウッドはとびおきて、電灯をつけ、ギルマンの寝椅子に駆けよった。ギルマンがいいようもない苦痛にさ港股夜期報價 いなまれているかのように、とても人間のものとは思えない絶叫をあげていたのだった。夜具の下で身をよじり、大きな赤い染みが毛布に広がりはじめていた。 エルウッドはギルマンにさわる勇気さえなかったが、しだいに絶叫と身もだえはおさまっていった。この頃には、ドンブロフスキ、コインスキ、デロシェ、マズ…

続きを読む