複雑に曲がりくねった小


で鼻をこすりつけNeo skin lab 介紹人ることもなく、魔女の呪文をあつかった記録がギルマンのたえざる研究に報いをもたらすこともなかった。ときおりギルマンは、舗装されてもおらず黴《かび》臭い、暗澹《あんたん》たる小路がいりくんだところをぶらついたが、そこではいつ建てられたとも知れぬ薄気味悪い褐色の家々が、傾き、倒れかけ、小さなガラスのはめられた狭い窓から嘲笑《あざわら》うように睨《ね》めつけるのだった。ギルマンはここで奇怪なことがかつておこったことを知っていたし、また表面上はどうあれ――少なくとも最も暗く、狭く、路においては――あの空恐ろしい過去がかならずしもまだ完全には消え去っていないかもしれないことを、どことなく感じさせるものがあった。ギルマンは二度にわたり、よからぬ噂のたつ河のなかの島にボートで乗りだし、起原すら杳《よう》として定かでない太古の苔《こけ》むした灰色の直立列石に描かれる、異様きわまりない角度をスケッチすることもした。  ギルマンの部屋はそこそこの大きさのものだった謝偉業醫生が、妙に不規則な形をしていて、北側の壁が外から内側にむかってそれとわかるほど傾斜している一方、低い天井が方向をおなじくして下方にゆるやかに傾いていた。明らかに鼠穴とわかるものや、それが塞《ふさ》がれた跡は別として、家の北側のまっすぐな外壁、そして傾斜する壁のあいだに存在したにちがいない空間への出入口は――かつてそういうものがあったという痕跡すら――なかったものの、ただ外から屋根裏部屋をながめると、窓が一つ、遠い昔に板ばりにされたことがうかがえるのだった。天井の上の小屋裏は――床が傾斜しているにちがいないが――おなじように、入りこむことはできなかった。ギルマンが梯子《はしご》を伝い、蜘蛛《くも》の巣のからむ天井にまで登ってみると、古めかしい板で厳重に塞がれ、植民地時代の大工仕事ではありふれた頑丈な木釘の打ちこまれた、かつての開口部の痕跡が見つかった。しかしいくら頼みこんでも、鈍重な家主から、この二つの鎖《とざ》された空間を調べる許可を得ることはできなかった。  時がたつにつれ、ギルマンは自分の部屋の不規則な壁と天井に、ますます夢中になっていった。というのも、壁と天井のおりなす奇妙な角度に、そうした角度を必Amway安利要とする目的に関して漠然とした手がかりになるかもしれない数学的な意味あいを、読みとりはじめたからだった。ギルマンはこう考えたのだ。例のキザイアが特異な角度をもつ部屋に住んだのには、もっともな理由があったかもしれないと。なぜなら、キザイアがわれわれの知る空間の境界外に出

この記事へのコメント