いもののを説く

ヘルメス基地の建設を可能にした洞穴網があるのです」 ときおり、長い砂色のロ髭の一端が口に入るときを除いては、いまやケプラーは、威厳のある紳士的な学者としての、完壁な姿をとりもどしていた。彼の落ちつかなげなそぶりも、自分がとりしきる水星へ、そして〈サンダイバー計画陽光女傭〉基地へと近づくにつれて、落ちついていくようだ。 しかし、旅を通じて、会話が知性化や〈ライブラリー〉のことにおよぶと、ケプラーの…

続きを読む