上げたトラクのイメ

「悪いんだけど、おじいさん、すごく重要なことだと言ってるんだ」 ベルガラスはあごをひくと、観念したようにためいきをついた。「わかった」腰をあげながら言った。「それじゃPretty renew 美容、行こう」 階段をおりだしたとき、ポレドラにぎごちなく頭をさげているダーニクの姿が見えた。「マアム」と鍛冶屋は言っていた。ふたりが正式に紹介されたのはおそらくこれがはじめてであることに、ガリオンはふいに…

続きを読む

られなかったと思う

 殺しつくしたものと信じておった。ところが、あにはからんや、あの男の半聾《はんろう》の耳には、異界の物音を聞きとる力がなかった。竪坑のなかには何があろうと、見ることも聞きとることもできなかった。あの呪われた物は、百五十年の昔、カーウィンが殺された日からこのかた、ずっとああして泣きわめいておるんだ! しかし、それ以上のことは、青年の口からひき出すことができなかった。ウィレット医師は恐怖におののくと…

続きを読む