憶にある身内のう

妥当な賠償金を支払うと約束されて、渋々ながら了承したのである。 日一日と、復元作業は進行位元堂 洗頭水して、長いあいだ、ペンキの層の下にかくされていた線と影とが、しだいに日の目を見ていく様子を、チャールズ・ウォードは興味を持ってながめていた。ドワイト氏の作業は、飾り棚のうしろの羽目板の底辺からはじまったが、肖像画の全長は四分の三ヤードにおよぶものなので、顔の部分はしばらくのあいだ、あらわれてこな…

続きを読む

漠然とだが残っ

のであったが、これによってぼくの心が、なんとさまざまな思考の糸を紡《つむ》ぎ始めたことか!それは去斑產品『クトゥルフ教』の新資料の宝庫であり、探究の領域は陸地だけにとどまらず、海洋もまたゆるがせにできぬことを証拠によって示している。混血の水夫たちがエンマ号の針路を命がけで妨げたのは何のためか?彼らが航行中、醜悪な石像を携帯していたのも奇怪である。エンマ号の六人の乗組員が死亡し、ヨハンセン二等航海…

続きを読む