折れ合うを習得する

人生はいつもそんなに考えず、多くの事はあなたが思って、あなたはどのようになることができない、ただこのように、自分が生きている真実、やっとあのような感傷的なことではありません。 今は、昨日のない必要が殘って、手を捨て、あの道を失った少しまで心の片隅には、休暇を再言及連休更に追憶。昨日の人今番いか来日の道を舗装必ず花、しかも深い祝福の遥から彼女と別れ。以来、すべての悲しみ、大切にしていて彼女の…

続きを読む